暇な人ぶろぐ

暇人の暇人による暇人のためのぶろぐ。学校・会社・自宅などあらゆる場所であなたの暇を潰すお手伝い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

話し方教室と間違えて声優事務所に入ってしまった話をする

就職したら図らずも大勢の前で話す事が多い部署にまわされてしまった。
滑舌にも声にも自信が無かったので、とりあえず話し方教室に行く事にした。
友人に勧められて適当に入った所はアナウンサーや声優志望者が行く学校だった。
自分がのぞき見た、声優志望者のアンダーワールドを書き散らしていこうかと思う

んじゃまず自分スペック(当時)

22才 女 非オタ 見た目普通
都内女子一貫校→都内国立大出て教育関係の企業に就職。
で、しゃべり技術が必要な部署へ配属。
上記の通り自信が無いので友人に相談、都内の「そういった」学校を勧められる。
そこは結構なマンモス校で、専門学校みたいな感じだった。
いろんな科があって、その中でとりあえず基礎をやってるクラスを取った。
平日夜に週一回、お値段もそこそこ。

そこでの授業は概ね想像通りだった。授業内容自体は結構役に立ったと思う。
15人くらいのクラスで、今思えばアニメオタクが多かったんだと思う。
その時はあまり周りと話さなかったので(仕事で疲れてたし)良く分からなかった。
数ヶ月が経って、次のステップのクラスに進む事になった。
そこで止めれば良かったんだけど明らかに以前より喋りが良くなった事に気を良くして、もうしばらく続ける事にした。
で、「声優コース」と「アナウンサーコース」に分かれる事になった。
殆どの人は両方取るらしい。自分は時間的に無理なので、
馴染みのある基礎の先生が受け持ってるクラスを取る事にした。

それが「声優志望コース」だった。

ほんと間違えた。
アナウンスコースは女子アナ志望者の花園だったのに。

もう初回から凄かった。
まず教室に入った段階でなんか臭い。
陰の空気
自己紹介で、誰も彼もが好きなアニメキャラ、その声真似を披露。
しかも馴れ合ってるどうやら留年(次のステップにはオーディションがあった)組らしい。
あとは一言も言葉を発さず、先生に指名されると突如アニメ声で叫ぶ女子。

授業自体は基礎とそんなに変わらなくて、発声発音メインなんだけど、ちょっとお芝居もやる。
そのお芝居の時も、台本を見てる時は皆色々批評してるのに、
いざ役決めになると、俯いてだれも手を挙げない(持ち回り役稽古なので早い者順)。
結果、いつも私ばっかりやるようになり、アニメの話にも食い込んで行けない私は
凄い勢いではぶられていった。

そのクラスも終了し、そろそろ止めようと思ったが、オーディションだけ受けた(全員強制参加)。
そしたら無料で来て良いって言われた。次のクラスはアテレコ実習がメインな上、
有名な声優さんが教えてくれるらしい。じゃ、もうちょっと楽しもうかな!と。

アテレコ実習は、最悪だった。アニメや外画のワンシーンを皆でしあげていくんだけど、
そりゃあ難しくて失敗ばかり。でも最初はそんなもんでしょ、なんだって。なのに
失敗するとその場で「なぜ俺はこのように無力!!」って変なポーズをとる男とか、
その場で泣き出しちゃうおばさん。録音中なのにそんな事やっててどかない。
照れ隠しなんだろうけど、いちいちオーバーリアクション取るので授業が進まない。
あとやっぱり役決めで立候補する人が少ない。ロミジュリが課題だった時は、小声で
「○○たんが最適でおじゃろう~」「まさかの美女わろたwだもんねえ」
「私は少年役以外はやらない構えだから」「もえもえ~~」とかぼしょぼしょいってる。
で、結局やらない。この時点で男性陣はほぼ空気。

そんなこんなでそのクラスも終了。その後に所属オーディションというのがあった。
これはその学校を卒業後、どこの声優養成所に入るかオーディションで決めるという物。
声優になるには声優事務所の養成所に入る事が必要らしく、勿論自分で応募して良いんだけど
学校経由だと色々特典があったり、有名な事務所の養成所に入れたりするらしい。
人気のある所は養成所自体にまず入れないんだって(多くはほぼ無条件で入れる)。

基礎の専門学校に二年行って、その後養成所に二年行く。長い道のりだし、
ここからはいよいよお金がかかるよね。だから私は勿論止めるつもりだった。
…が、無料レッスン生は絶対に受けなければ行けないと言われた。ので受けた。
オーディションは色々な事務所の人が日替わりでやって来て、数日に渡って行われた。
さすがにピリピリしてるのかな…と思ったら、こんな時でも生徒は馴れ合い。
コスプレで来てる人もいたし、自己PRで「世界征服しちゃいます☆」って子もいた。
私は就職の面接と全く同じ受け答えで通した。

しばらくしたら、中堅の事務所から合格通知が届いた。
一年間無料でレッスンを受けられるというもの。
声優養成所の授業料は週二回数時間で、年間平均50万。バカ高い。
さすがに後に引けなくなってしまったと悩んでいたら、私の合格が構内に張り出されてしまった。
そしたらこれから自分たちでオーディデョンを探す人達が沢山やって来て、
オーディション用紙(履歴書)の書き方や写真の取り方を教えてくれっていう。
とりあえず見せてもらったら、
見せてもらったら。

まず、写真がプリクラ。或いは一目で分かる猛烈な修正済。
写真二枚付けろ、の指示には子供の頃の写真と今の写真、目だけ写ってるアート写真。
酷いのは上半身と下半身なんてのもあった。狙ったのかな??
肝心の内容も、(笑)とか絵文字付けたりしてる。本名欄に偽名とか。

役者のオーディション用紙でも普通の就職履歴書でも、やるべき事は同じだと思うんだよ。
それができてなかった。いい年してるのに。なんか、声優は特別だと思ってるみたいだった。
漫画家のアシスタント希望の履歴書にもそういうの多いって聞いた事あるけどね。

そんなんで、うへーと思ってその学校は卒業した。最後までぼっちだった。
会社に事情を説明したら、面白いからその養成所行けよ!と上司に言われたので、
半年は頑張ってみる事にした。因みに私に声優の才能は無い。周りが酷すぎて受かっただけだ、多分。

さて、声優養成所のシステム。色々あるけど概ね、
レッスン生(2年)→オーディション→事務所預かり(1年~)
→なんらかの結果残す→準所属(?年)→正所属
となっている。どこで仕事が貰えるかは決まってない。
レッスン生でも数万の仕事が入る事があるし、正所属でもスッカラカンの場合も。
メジャーデビューはだいたい準所属から。アイドル声優はこの辺に多い。

そして、私は某事務所に預かりで通う事になった。授業前に預かりだけ集められて顔合わせ。
そこで言われた事は「自分が預かりである事、授業料を払っていない事は言わないこと。」
「レッスン生等相手にしない事」「事務所の方針に逆らわない事」などだった。
そして授業が始まった。

ひとクラス20名で数クラスあり、、いくつかの課題をこなす(ニュース原稿やセリフ等)。
一人頭の発表時間は約5分。これで8000円だよ…。ないだろ。騙されてるだろ。
しかしクラスの子達は、前言ってた学校と違って、地方から出て来てアニメイトとかで
バイトしながら本気で声優を目指している比較的若い子達(20代)だった。痛々しかった。
ほぼ全員が声優マニアで、もし自分が声優になれなくてもその世界に浸っているだけで良い、
事務所の人気声優と飲みに行ったり出来るかもしれないから良い、と言っていた。
真面目に練習してくる人はクラスに一人か二人。
一ヶ月経つ頃にはグループ分けが完成していた。上手い子、下手なアニオタ、男子。
自分はここでもぼっちだったが、一人だけ仲良くしてくれる子が出来た。

授業が進むにつれ、都会の生活に馴染めずに落ちて行く若者がどんどん現れ始めた。
待望のオタク仲間を得てニートになって行くもの、ニコ堂に堕ちて行く者。
地方出身者は大抵、仕送り+同郷の声優志望者と同居、だったので
双方に志の違い(つまり力の違い)が現れると揉めに揉め、酷い事になる。
男がらみも凄く多かった。正直、女子で見た目いい子は殆どいない。
だいたいパンク?かロリータ系のもさっとした感じ。男はもっと酷い。
でもそんな人たち同士で乳くり合うんだよ、激しく!強く!!せつなく!!!
で、その揉め事を授業に持ち込む。

ここで分かったのは、声優志望でも何でも、結局上京物語なんだってことだ。
それを凌ぐのは大変なんだ。しかも大学とかじゃない、先が見えない世界で。
自分が受かったのは実家が都内だからだってことも気付いた。
あとで社長から聞いた事だが、地方出身で28才以上だと、将来の責任が持てないから怖い。
都内が地元だったり就職してたり十代だったりする方が気楽なんでそっち取る。ってさ。

そして半年が過ぎた。

かなりこの世界の事が分かって来た。
まず、レッスン生は確かに金蔓、それ以外の何者でもないけれども、
その分お客様として優しくしてもらえる。イベントもあるし。チャンスも皆無ではない。
アテレコ実習では当世人気声優がきて遊んでくれる(…)し、楽しい声優ごっこよ。
この段階で「私、声優なんです!」っておんもで名乗ってる人も結構いた。

逆に、預かり、準所属は事務所の奴隷。酷い扱い。しかしそんなには自腹を切らない事、
そして分かりやすいエサ(キャスティングオーディション)がちらついている事もあり、
真綿で縛られた状態。キャスティング~は、本物の商業アニメオーデ。
これは個人では受けられない。だから皆事務所に入らざるを得ない。
時々フリーの人もいるけど、特殊な事情だね。

そして、どういう人が養成所に一番多いのか。これは、リピーターだった。
色んな養成所を渡り歩いている人。預かりくらいまでは行くんだけど、そこまで。
二年間のレッスンを10年以上繰り返してる。多分総費用い千万近い筈。
だから余計止められない。

そういう人達は決して少なくない。
十代の頃から初めて、もう30過ぎ。だから下手じゃないよ、上手な人多い。情報通で。
でも、何か問題があったり、事務所批判が過激だったり、キャラ冠ってたりで、
上に中々行けない。でも、仕事な何度かした事ある、諦められない、お母さんごめん…!
みたいな男女ね。女子はまあ嫁に行くと言う手段もあるにはあるが、男子は…。
他人事だけど、涙出そうになるよ。だって高校卒業して単発バイトしかしてなくて
(時間が不規則になるので定期仕事が難しくなる)貯金無くて、技術も無くて、
本人がそれに気付いてない。自分は未来の人気声優だって信じてる。可哀想だ。

あとは、預かり以上限定でいくと、アニオタで声優やる人、子役上がりの人、舞台から来た人。
この三すくみも凄い。各々プライドが高くて持論があるので一触即発の危険有り。
子役や舞台(劇団)の人は、お金の為に「仕方ないから」声優やってる人も多い。
しかし、声優と舞台では発声が違う為、アテレコではアニオタの方がハマってる。
この点に関して朝まで寝ないで論争。

更に半年が過ぎて、私は準所属になった。

この時点で、社内で よう、声優~ぼくどらえもんて言って~ とか、からかわれ始めたし、
やめる準備に入っていった。だからせめて、どんな問題があるのか内情を見るようになっていった。
所属になったり自分磨きの為に劇団に出稽古に行ったりする人は、いよいよ時間が不定期になる。
だから、キャバ嬢になる人は多かった。男は疲労でガリガリか、ニートが多かった。
なんにしても、親という名のスポンサーがいなければかなり難しいことは確かだと思う。

そして、賃金の問題。
まともに支払ってくれる所は少ない。私が所属した所は比較的しっかりしてて、
ふつうに明細も一緒に貰えたが、多くは無料奉仕、レギュラー番組でも契約かわさず、
全てタレントの自腹。もちうろんお給料なんて無い。完全に奴隷。訴えろ!って思うけど、
そういうものなんだって。文句言っちゃいけないんだって。チャンスさえあればいんだって。

しばらくして、私は円満に事務所を止めた。ま、役にも立ってなかったしねw

思うのは、レッスン生を長く続ければ続ける程、邪気が強くなっていくってことだ。
上手くはなる。けど上には行けない。お金はかかる。後から来た奴が人気者になる。
多分本人も、もう声優が好きなのか憎いのか分からなくなってるんだと思う。

どうすれば人気声優になれるのかって、だいたいは分かるじゃない?
若くて見栄えが良くて上手ければいい。
でも、時々、その条件に当てはまらないのにふわっと人気が出る人もいる。
だから、もしかしたら、自分にもなれるかも?
その考えって否定出来ないんだよね。全部自分で判断する事だ。先生の意見は仰げない。

私は本職があったから止めたけど、何故ダラダラと続けたと言えば、楽しかったからだ。
実は結構練習していたし、個人でボイトレにも通った。楽しかった。凄く楽しかった。
けど、最初から落としどころを決めていたので止める事が出来た。
3年間でかかった費用は総額50万くらい。稼いだ金額は30万。まあ赤字です。
私はたまたまCMの方で音響さんにひいきにしてもらい、定期的にお仕事を頂けた。
声優の方はさっぱりだったなあw

先日、ぼっちの私と唯一仲良くしてくれた友人(前述)が社会復帰した記念にカキコ。
彼女は別事務所に所属し、枕営業の末自殺未遂。しかし、やっぱりお芝居が好きだと
働きながら舞台と声優を続けている。正直、難解な舞台で良く分からないw
が、こういう人達がとても多く関わっているのが、声優業界なんだよな。

長いのに読んでくれてありがと

スポンサードンク


ランキング参加中
人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/08/11 20:01 ] 読み物 2chまとめのまとめ | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
オススメ記事≪サイト≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。