暇な人ぶろぐ

暇人の暇人による暇人のためのぶろぐ。学校・会社・自宅などあらゆる場所であなたの暇を潰すお手伝い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お客様にお伝えしておくことがあります。本機は機長、操縦士とも盲人です

とある飛行場のとある旅客機。
乗客はほぼ満員だ。
離陸前のスチュワーデスのアナウンス。

〈本日は当航空会社の旅客機にようこそ。
お客様にお伝えしておくことがあります。
本機は機長、操縦士とも盲人です〉
ざわざわと顔を見合す乗客たち。
〈でもご安心ください、今までにこのコンビで事故の起きたことはありません。
ごゆっくり空の旅をお楽しみください。
それでは離陸に入ります〉

「心配だな、ほんとに大丈夫なのか」と乗客の一人。
不安そうな乗客たちを尻目に、旅客機は離陸動作に入る。
客室正面のモニタには、機の正面の風景が映し出されている。
機はどんどん加速しはじめ、前に進んでいく。が、なかなか離陸しない。
そのままどんどん進むがいっこうに離陸の気配がない。

モニタに映った正面の風景では次第に滑走路の向こうの海が近づいてくる。
乗客たちの声が上がり始める。
「おい、離陸しないと海に落ちるぞ!」 誰かが大声で叫んだ。

だが、機はそのまま直進する。
別の乗客が、「おい、このままだと全員死んじまうぞ!」
女性客の悲鳴が上がる。だがまだ離陸しない。
とうとうモニタでは滑走路が終わり、海が目の前だ。
「うわ~」「きゃ~」と乗客全員が悲鳴をあげた。
と、その瞬間、旅客機は離陸し、海には落ちずに上昇を開始した。
乗客全員、息を吐いて椅子にへたり込む。

そのころ操縦室。
『ねえ、機長、私は正直、心配なんですよ』と盲人の操縦士。
「なんのことだね」と盲人の機長。
『いずれいつの日かですね、乗客の悲鳴が上がるタイミングが遅れて離陸に失敗して、我々二人とも死んじゃうんじゃないかと』
スポンサードンク


ランキング参加中
人気ブログランキングへ にほんブログ村 お笑いブログ ユーモア・ジョークへ
関連記事
[ 2012/12/06 19:26 ] 読み物 ジョーク集 | TB(-) | CM(-)
カテゴリ
オススメ記事≪サイト≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。